台湾銘傳大学中国語研修プログラム

鋤田 千咲 農学部生物資源環境学科(2014年度入学)

 

私にとっては初めての海外渡航で、言葉や食などいろいろなものにショックをうけ、様々な経験をすることができたため、大学4年間の中で一番記憶に残る出来事になるだろうと思います。言葉のギャップが大きくて、中国語の他に英語についても思うことが多くありました。私は、話せないのでまず話せるようになることを目標に決めて参加しました。今回の研修の授業では発音をしっかり習うことができ、先生も繰り返し発音練習に付き合って下ったので、日本で受ける授業より分かりやすかったことと、話すのは難しいし、まだ会話の内容も理解できませんが、前よりも周囲の人が発している音がはっきり聞こえるようになった気がします。台湾でインタビューの課題が出たときや電車や通りで話しかけられたときに、台湾の人と中国語だけで話すことがありましたが、みんないいで人つたない中国語に長々と付き合ってもらいました。コミュニケーションをとるのに大事なことは語順とか発音も大事ですが一番に伝わるように話すことなのだろうと思いました。台湾でお世話になったボランティアの学生の人たちは中国語の他に英語も使える方が多く、中国語で何を言えばいいかわからないときは英語で話をしましたが、自分は片言の英語しか話せず、発音にも不思議な顔をされてしまって、英語は少なくとも中学校の時から授業で習っていたはずなので、英語もどれだけうまく利用できてないか、どれくらい勉強不足なのかを感じました。研修が終わって英語も中国語ももっと話せるようになって、現地の人の話すスピードで会話が理解できるように学んできてからもう一度台湾に行って研修で会った人と話したいと思っています。これからは英語の授業をもっときちんと受けることと、英語でも中国語でも口に出して使って覚えていこうと思いました。中国語を勉強する方法は英語よりも限られている気がするので、とりあえずこれからも中国語の授業をとり、語学強化コースを今まで知らなかったので参加しようと思います。