第3回サミットレクチャー

第3回サミットレクチャーを開催しました。

2013年6月13日、文部科学省による採択事業「グローバル人材育成推進事業」の一環として、

サミットレクチャーを開催しました。

3回となる今回は、講師にケニア共和国駐日特命全権大使のベンソン H.O. オグトゥ氏を

お迎えしました。

講義室は230名以上の参加者 でいっぱいになりました。

講義でオグトゥ氏は、ケニアは年間約12,000人の日本人が訪れる観光地である他、

日本にとって東アフリカでのビジネスハブとして重要な位置にある国であると説明され、

また、先日横浜で開かれたアフリカ開発会議にも触れつつ、

今後の両国の交流について展望を語りました。

最後に、日本の若者への期待を述べ、

学生達とケニアとの交流について活発に意見を交わしました。