平成27年度職員のグローバル人材育成研修(海外派遣研修)報告会を実施しました

公開日: 2016/03/30

平成28年3月25日、平成27年度職員のグローバル人材育成研修(海外派遣研修)の報告会を実施しました。
 鳥取大学では、教育研究活動のグローバル化に適応する実践的な語学運用能力と国際業務遂行能力を持つ職員を育成するため、平成17年度から職員向けの語学研修や海外派遣研修等を実施しています。海外派遣研修では、学生向け海外派遣プログラムの引率業務及び派遣職員の担当業務に関する調査のため本学学術交流協定校へ職員を派遣しており、今年度は3名の職員をカナダ、アメリカ、メキシコの協定校へ派遣しました。


 報告会では、3名の発表者から、海外派遣プログラム内容の紹介や学生引率中に起こったトラブル、各職員が行った調査結果等について報告がありました。調査については、派遣先大学での運営予算、外部資金獲得状況や海外派遣プログラムに関わる現地学生スタッフの活用方法の聞き取り等多岐に渡り、報告会参加者は本学と派遣先大学の事務体制や運営体制の違いについて真剣に耳を傾けていました。また、発表者から研修に参加したことにより語学力の必要性について再認識し、帰国後は継続した語学学習ができたとの声も聞かれました。


 報告会には、香川事務局長をはじめ、派遣職員の所属部長等、また学生向け海外派遣プログラム担当教職員等の参加があり、学生の海外での危機管理体制や今後の職員の海外派遣研修のあり方等について活発な意見交換が行われました。


派遣職員による報告