平成29年度メキシコ海外実践教育プログラム参加学生募集!!

本プログラムは「タフで実践力のあるグローバル人材」の育成を目指し、メキシコ・ラパスで実施するフィールドワーク・講義・語学教育(英語、スペイン語)を融合させた実践教育カリキュラムです。

 
  • 各学部2年次以上を募集対象とし、地域学、医学、工学、農学全ての分野について実際の現場に出て学べるよう、フィールドワークの指導は鳥取大学の各学部の教員が担当します。
  • 講義では、フィールドワークで現場を理解するための専門知識を、現地プログラム協力機関のその道のスペシャリスト英語による講義を行います。
  • また、メキシコはスペイン語圏であるため日常生活にスペイン語は必要不可欠です。このプログラムでは、日本での事前教育と現地での語学のクラスで語学力(英語・スペイン語)向上をサポートしており、トリリンガルも夢ではありません。

   さあ、あなたもメキシコ・ラパスへ行ってみませんか?                 

 

 【応募方法】
 下記応募フォームから応募。応募フォームの内容及びGPAにより選考を行います。

☆応募フォーム: http://global.ciatu.tottori-u.ac.jp/online-application/mexico2017-2

☆応募締め切り:平成29年5月28日(日)23時厳守

☆選考結果:6月7日(水)までにメールにて通知

【プログラム概要】

  • 実施期間:平成29年5月下旬~平成30年1月下旬(予定)(事前研修~成果報告会)
    (メキシコ滞在予定期間:平成29年8月中旬~11月下旬(約3か月間))
  •  プログラム協力機関:南バハカリフォルニア自治大学(UABCS)、メキシコ北西部生物学研究センター(CIBNOR) (於:メキシコ合衆国 南バハカリフォルニア州ラパス市)
  •  募集学生数:15名程度(各学部2年生以上) 
  •  奨学金:条件により12名まで6万円×3ヶ月分を支給(返還不要)。 

※ その他の応募に当たっての注意事項について、必ず募集要項をお読みの上、応募してください。

昨年度までの活動報告→http://global.ciatu.tottori-u.ac.jp/ja/mexicoreport

【問い合わせ先】
 国際交流センター 安藤教授(プログラム全般)
 TEL:0857-31-5663 E-mail:ando@ciatu.tottori-u.ac.jp


 学生部教育支援課教務企画係(カリキュラム関係)
 TEL:0857-31-6773 E-mail:st-kyokikaku@adm.tottori-u.ac.jp 

研究・国際協力部国際交流課国際戦略推進室(その他全般)
 TEL:0857-31-5052 E-mail:kokuko-renkei@adm.tottori-u.ac.jp