春期オーストラリア英語研修

島﨑 真帆 地域学部地域教育学科(2013 年度入学)

 

私はオーストラリア英語研修に参加しました。英語を話すことに苦手意識がありましたが、一歩踏み出して世界を広げたいと思い、参加を決めました。

半日が授業で、半日が自由時間のプログラムでした。間違っていても否定せず上手く授業に取り入れてくれる先生、身ぶり手振りも使いながらお互いに伝え合い理解し合う生徒同士、そのような雰囲気でのレベル別授業であったため、授業に積極的に参加することができました。この研修の参加者はほとんどが日本人で、特に私のクラスは全員日本人でしたが、ホームステイをしたり、アクティビティに参加したりすることで、現地の方々とも関われ、英語に囲まれた生活を送ることができました。ホストファミリーは、とても親切で、映画を見たり、観光地に連れて行ってもらったりと、たくさんの楽しい時間を過ごしました。聞き取れないときは、繰り返し言ってくれたり言い方を変えたりしてくれました。上手に英語を話すことができなくても、伝えようと努力をすれば分かってもらえるということは、自信にもつながり、英語でコミュニケーションをとることを楽しいと感じることができました。また、私のホストファミリーは南アフリカ出身であったことや、オーストラリアには様々な国の人がいたこともあり、様々な文化や考え方に触れる良い経験となりました。町で出会う人たちも、とてもフレンドリーで温かかったです。

今回の研修を通して、リスニング力をはじめとする英語力だけでなく、現地の方と関わる機会を作ったり、授業でのディスカッションで意見を言ったりと、積極性を身に付けることができたように感じます。

私は将来教師になりたいと考えているので、英語教育や国際理解教育が重視されている今、この研修に参加して、実際に様々な人と関わったり異文化に触れたりしたことは、貴重な経験になり、大きな自信となりました。海外や他文化のことをもっと知りたいと感じた一方で、日本について興味を示してくれているのに上手く話を広げられないこともあり、日本のこともまだまだ知らないことだらけであると実感しました。この経験を本当に意味があるものとして生かすことができるよう、英語や海外のこと、日本のことをこれからさらに学んでいきたいです。